お好み焼き

お好み焼きと千利休

お好み焼きは、安土桃山時代に千利休が作っていた、麩の焼きと呼ばれる和菓子がその始まりと言われています。このお菓子は、小麦粉を水で溶いたものを薄く焼き上げ、味噌や砂糖を塗った上で巻物上にすることで完成するものです。このお菓子は特に仏事に使われていました。

その後、明治時代にもんじゃ焼きやどんどん焼きが生まれ、1923年の関東大震災の時にこれらは主食的な位置を占めるようになります。そして、大正、昭和には一銭洋食として今のお好み焼きの元祖と呼ばれる料理が生まれます。この料理は、水で溶いた小麦粉を焼き、その上にネギをのせてソースをかけた料理です。

また、この料理は子供に人気の駄菓子の一種として扱われていましたが、戦後の食料不足を補う方法として、飢餓をいやすために、大人も食べるようになっていきます。

昭和30年以降

その後、昭和30年代から、お好み焼きは飢餓をいやすためだけではなく、一般的な料理として支持されるようになります。これは、一銭洋食からお好み焼きに名前が変わったことも要因の一つで、その名前から多くのバリエーションが生まれたことが理由です。

特に、お好み焼きは地域によるアレンジが非常に多彩であり、関西はもちろん、広島などではそれらの名物お好み焼きの原型が生まれています。中には、豆やコンニャクを入れ、ソースではなく醤油で味付けをするものもあり、当時はベタ焼きなどと呼ばれていました。これは現在の鉄板料理へと派生しています。