代物弁済とは

代物弁済とは、消費者金融と債務者間で締結された契約によって、債務者が本来負担していた借金の代わりに代物で給付をして債務消滅させることを言います。例えば、キャッシング賃借契約で金融業者と顧客の合意に基づいて、500万円の借金返済の代わりに土地を譲渡して、消費賃借上の債務を消滅させることになります。

実際に代物を給付することが必要であり、他の給付をする債務を負うのは更改に該当します。また、弁済と同様に債務を消滅させる効果をあります。

代物弁済は債務の消滅原因の一つという側面から、民法典に規定されていますが、純粋に弁済として用いられるよりも実際は代物弁済の予約という形をとって債権担保の機能を果たしていることが多いようです。

もしも不動産を保有されている方は、不動産を担保に融資を受けることが可能です。不動産担保ローンといいますが、金融業者はたとえ債務者からの支払いが滞ったとしても、担保としてとっている不動産を差し押さえ出来ることもあって、貸付審査は無担保ローンよりも甘めになっています。

利息もフリーローンより低く設定されていますので、絶対返済出来るという自信のある方は不動産担保ローンを利用されるのもよいかと思います。但し、支払いが出来なくなった場合は代物弁済として土地が差し押さえられることを覚悟していなくてはなりません。