お好み焼き

注目される府中焼き

最近良く耳にする、B1グランプリという大会は、全国各地にあるご当地グルメを通して、地域の活性化を図るという目的で開催されているイベントです。そんなB1グランプリにも出展している府中焼きと言えば、広島県の府中市を中心として人々に親しまれているお好み焼きの種類の一つです。

広島と言えば広島焼きというイメージが有りますが、広島焼きと府中焼きには違いがあります。府中焼きの場合には、豚バラ肉の代わりにミンチ肉やこま切れの肉などが使用されています。こうする事で、お肉の脂が溶け、麺をパリッと香ばしくさせてくれる効果があるようです。

また、もやしを使わずにキャベツをたっぷりと使っているという特徴もあります。中はふわっと、外はパリっとする食感になっています。

この府中焼きは、府中市の家庭ではおやつや晩御飯のメニューとして愛されて来たという歴史があります。平成20年の4月には、府中焼きを全国に広めるため、町おこしとして「備後府中焼きを広める会」が発足し、B1グランプリに参加するなどの積極的な活動を行っています。

広島てっぱんグランプリ

府中市の観光地や特産物などの魅力を全国の人々に伝えるきっかけにもなりそうです。また、府中焼きは「第一回広島てっぱんグランプリ」で優勝した料理でもあります。

一口に広島県のお好み焼きと言っても色々な種類があり、その数々ある中でグランプリを受賞したという実力あるメニューでもあります。こうした活動を地道に続ける事で、府中市の名前もだんだんと浸透して行きそうです。