審査のポイント

審査で落ちる人の大半は審査基準のポイントを押さえていないことがあげられます。キャッシング審査のポイントを正確に把握しておくことで、審査に通る確率が格段に高くなります。審査のポイントとは、先ず第一に仕事先です。仕事先が公務員のような硬い職場は信頼度も高くなって審査に通る確率が高くなります。

逆に仕事先が派遣会社であったりアルバイトの場合は、信頼度も低くなって審査が厳しくなってきます。キャッシング会社は融資先に毎月決められた額を支払ってもらう必要があります。それには、支払いが出来るだけの十分な収入が必要になるからです。

したがって、収入の無い無職や専業主婦などは信頼度も低くなるので、審査にはまず通ることはないでしょう。それほど収入というのは重要なポイントになるからです。

次に重要なことは、現在の借金総額です。併せて借入件数も審査の対象となります。総量規制によって年収の三分の一以上の貸付は出来なくなりましたが、たとえ年収の三分の一以下であっても、あまりに多い借金総額なら審査に落とされる可能性は高くなります。

借入件数も5件以上なら多重債務者扱いとなりますので、金融業者も貸付にはより慎重になります。金融業者は、顧客が支払いに行き詰り、自己破産をしてしまうことを恐れていますので、極力そのような多重債務者には融資を見合わせる傾向にあります。特に大手や中小のキャッシング会社は多重債務者には厳しい審査で臨むようです。

また、現在の借金総額と同様に重要なポイントは、過去の借金履歴です。これは信用情報機関が保有するデータにより、全ての借金履歴が露わになってしまいます。もしも過去五年以内に自己破産をしていれば、事故情報として登録されていますので、100%審査で落とされてしまいます。

事故情報(ブラックリスト)とは、借りたお金を不履行にして抹消してしまっていることなので、金融業者からしてみれば信頼度ゼロということになります。自己破産ではなくても、支払いの遅延行為を繰り返していたりしても、データとして登録されていますので、新規の借入は難しいと考えたほうが無難でしょう。